子育て

妻がいないある朝

更新日:

この若い娘は理不尽なことばかり要求してくる。

 

『ねむいの!』

 

『ねえまだくらい!』

 

『くらいといやー!おそとをあかるくしてー!』

 

『どっか、いってー!』

 

昨晩は私に抱きついて寝ていたくせに。

 
なんとか彼女をなだめすかしベッドから起こすことに成功した。

 

さぁ、次はトイレだ。

 

若い娘の放尿シーンなんてなかなか生でお目にかかるもんではない。

 

しかも行為の後にお尻を拭くことができるという特典付きだ!

『うんちもでるー。』

えー 脱糞シーンまで付いてくるサービス!

 

 

 

さあ、次は朝食だ。

 

朝食の準備をしている間も、彼女のご機嫌を取り続けることを忘れてはならない。

 

少しでも機嫌を損ねると、彼女はこの世の終わりかのように泣き叫ぶ。

 

片手で彼女を抱き寄せ、もう一方の手でフライパンを振る。

 

うー肩が限界だ!

 

仕方なく彼女を下ろそうとすると、『いやっ』と彼女は抵抗した。

 

このまま無理やり下ろすと大変なことになるのが想像できる。

 

そうなるとこの後の私の予定が大幅に狂ってくる。

 

そんなときはipadでyoutubeだ。

 

Perfumeのお気に入りのMVを見て微笑む彼女にホッとする。

 

私も大好きだ、Perfume!

 

 

ふぅー。なんとか食卓に着かせることが出来た。

 

今日の朝食はトーストと卵焼き。

 

飲み物を用意しようとしたところ・・

 

『りんごじゅーす!』

 

ま、まずい!今日、りんごジュースは切らせている。

 

昨夜の風呂上がりの一杯が最後だった・・・。

 

『りんごじゅーすがいい!りんごじゅーすがいい!りんごじゅーすがいい!り・ん・ごー!』

 

彼女はけっして譲ろうとしない。

 

怒りがこみ上げてくるが、グッと我慢する。

 

怒ったら負けだ!

 

明日は必ず用意するから。

おまけに・・・プリンもつけて。

だから今日のところは・・

 

『えっ、ぷりん!?  ぷりんだーいすき!』

 

ふっふ。この懐柔案に乗ってきた。どうせ明日の朝まで覚えていまい。

 

浅はかな女だ。

 

そして無事に朝食も終わり、

 

さぁ、着替えだ。

 

今日はこのシャツにこのパンツで・・。

 

わたしが考えに考え抜いたコーディネイトだ。

 

『いやっ、うえはぴんくのねこちゃんがついてるやつがいいっ!』

 

でも今日は下のタイツがピンクだし・・・。

 

『うえもぴんくがいいのっ!!』

 

彼女の声がひときわ大きくなる。

 

で、でも上もピンクだとまんまパー子さんに・・・

 

『ぴ!・ん!・く!!』

 

しょうがない。ここは彼女の言う通りにしよう。

 

周りに笑われようが俺の知ったことではない。

 

まんま「パー子さん」なった彼女の顔を洗い、歯を磨き、髪をとかす。

 

その後は私が大急ぎで身支度を整える。

 

トイレに入ろうとしたら、彼女が待ったをかけてきた。

 

『わたしもいっしょにはいりたい!』

 

えー大きい方もしたいのに!臭いがするよー。

 

『いいの!』

 

彼女は言うことを聞きそうもない。

 

仕方なく彼女をトイレに連れ込んだ。

 

私はズボンを下ろし、便器に腰をかける。

 

彼女はじっとこちらをみている、鼻をつまみながら。

 

く、屈辱だ!

 

若い娘から自分の脱糞シーンを鑑賞されるとは!

 

まっ、しょうがない。早く済ませよう!

 

 

さぁ、いよいよお出かけだ。

 

玄関に鍵をかけ、駐車場まで彼女を抱いて急ぐ。

 

そして車の後部座席の特別シートに彼女を座らせた。

 

私は運転席に乗り込むと大急ぎで車を発進させた。

 

10分ほどで目的地に着いた。

 

彼女を車からやさしく抱き下ろし、教室へむかう。

 

『ねぇたっちして!』

 

別れる瞬間、彼女が手を差し出した。

 

手と手をあわせる。

 

胸に熱いものがこみ上げてくる!

 

コレまでの苦労が報われる瞬間だ。

 

おっと、感傷に浸っている場合ではない!

 

私は車に乗り込むと猛スピードで職場へ向かうのだった。

-子育て

Copyright© こ-れいパパ。 , 2019 All Rights Reserved.