生活

子育て中パパは趣味を諦めるしかないのか!?

272447 / Pixabay

子育て中も趣味継続は可能か?

結婚して、これまでの趣味をきっぱりやめたという方がいます。

逆に、結婚してもこれまで通り趣味を続けているという方もいます。

この違いは、趣味にしているモノが何かによって大きく変わってくる気がします。

時間やお金がかかる趣味ってやっぱりありますからね。

 

 

突然ですが、私の趣味は自転車です。 

趣味と言ってもけっこう本格的にハマっています。いや正確には『ハマっていました』

クラブチームに入って実業団レースとかもエントリーしていました。

そしてレースに出て、よい成績をおさめるためには練習が不可欠です。

休みの日には、朝から晩まで自転車、自転車。

1日100キロ以上走るのは当たり前。自転車を趣味にしている人にとってはまったく珍しいことではありません。

 

また自転車趣味はお金もかかります。

はじめはタイヤやハンドル、ギアなどがセットになった、いわゆる『完成車』を買う人が多いんですが、そのうち雑誌やネット、チームの仲間に影響されて、いろんなパーツを変えたくなります。

 

またこれが高いんですよ、値段が。

あの細いタイヤ1本が1万くらいは普通。

軽量化のためのホイールなんか上をみたらきりがありません。ん十万は当たり前。

トータルで100万超えの自転車なんて珍しくもないんです。

自転車を趣味としていない人からみると、信じられない値段なんですよね。だって下手したら車より高いんですから。

それでも私は当たり前のようにお金をかけていました。

 

結婚して子供が出来てすべてが変わった

・・・が、結婚して子供が出来て、その生活は一変しました。

まだ子供が0~2歳の頃はそうでもありませんでした。その頃は母親べったりだし、母親なしではなにも始まらないから。

それが、母親の手が離れても大丈夫な歳になり、妻も仕事を始めるとそうはいきません。

休みの時は子供の遊び相手や、ウイークデイには出来ない掃除などの家事を手伝うことになりました。

そうすると、自転車に乗る時間を減らすしかありません。

特に私の仕事(農業)は最盛期には週1の休みですから尚更です。

 

また、お金もこれまでのようにかけられなくなりました。

単に稼ぎが少ないからと言われればそれまでですが・・・。

独身の時にように自転車にお金をかけることはできなくなりました。

 

時間とお金の両方が必要だからなのか、自転車を趣味にしている人は独身やバツイチが多い気がするんですよねー。(偏見!)

 

きっぱりやめる人の場合

結婚や彼女が出来たことを機に自転車趣味をきっぱりやめる人もいます。(一部彼女を趣味に引き込むことに成功する人もいます 笑)

大事にするものが他にできると、当然かける時間も減りますし、そこにかけるお金をさけない。

そうすると自転車の場合、当然ですがレースで勝てない。

自転車でレースに出ている人は『趣味以上、仕事未満』で続けている方が多いので、そんな状態が続くと欲求不満になるわけです。(鬱になった知り合いもいます!)

それなら、きっぱり自転車に乗らないという選択をする人もいるんですね。

 

ただし仲間の中には、仕事が忙しくてもきちんとこなし、経済的にも豊かで、子供の面倒もきちんと看ているスーパーマンのような人もいます。

でも私も含め、大抵の人間には真似できません。そんな人間は本当に一握りです。

 

趣味を続けるために気持ちの切り替えや工夫が必要

そうやってきっぱり自分の趣味を諦めることもできますが、それだとちと寂しい。

私もここ3年間はほぼ自転車レースにはエントリーしませんでした。

それは自転車にのる時間も少なく、自転車も古いままで気持ちもアガっていなかったからです。

『これでレースに出ても結果なんてしれてるな。』と自分をごまかしていました。

 

そこで趣味に対して少し考え方を変えてみました。

『勝つために頑張ろう!』 から 『好きな事だからやってみよう!』

練習もそこそこに、久しぶりにレースに出てみました。

家族も応援に来てくれましたが、結果は惨敗。

こんなにキツかったっけー!!

死にそうでした!!ww

しかし意外と気持ちは悪いもんじゃなかった。

もちろん悔しい気持ちはありますが、それでも楽しかった!

 

それからは、ちょっとした(朝の妻と子供がまだ寝ている)空き時間にローラー台に乗るなどして練習しています。

以前は自分にやらされてる感、追われてる感ありありで練習してたんですが、それがなくなって楽しんでいます。

もちろん、そこそこキツイですけどね。

 

私の場合は自転車でしたが、今流行りのランニング(マラソン)とかでも同じでしょう。

レースなどで結果を人と争う系の趣味をやっている方は私の気持ちはわかってもらえると思います。

 

なんか自分を誤魔化すというか、諦めの気持ちを美化しているというか、そんな気も最初はしないでもありませんでした。

でも好きな事をやってる時の純粋に楽しい気持ちを大事にすれば、今できるだけのことを楽しんで頑張るも悪くない。

結果は我慢できるかなーー^^ 

また自由な時間が増えた時には結果にこだわり始めるのもいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

-生活

Copyright© こ-れいパパ。 , 2020 All Rights Reserved.